海外旅行のためのお金を借りたい

ニューヨークに行ってみたい

ニューヨーク

僕は、学生の頃からアメリカのニューヨークに一度行ってみたいと思っていました。

よくニューヨークは世界の中心と言われるので、自分の眼でその街を見ることで自分の世界観が変わるかもしれないと思ったからです。

これまでもアジアですが何度か旅行をしたことがあります。初めて海外旅行をした時は、日本が如何に先進国なのかと言う事を痛感しました。

日本に住んでいると、日本と言う国が如何に素晴らしい国なのかをなかなか実感することはできませんが、海外にでれば日本の良さが分かります。日本はGDP世界第三位ですが、それは伊達じゃないという事です。

海外に出ることは自分の成長にも繋がることだと僕は思います。

お金を借りて旅費にあてる

会社に勤めて10年目なのですが、自分の会社では勤続年数10年などの節目にリフレシュ休暇という特別休暇を約10日間取ることができます。

だから、このリフレシュ休暇を利用して1週間ほどニューヨークに行こうと思っています。

旅費は車のローンがあってお金を貯めることができなかったので、消費者金融のキャッシングでお金を借りて、それを旅費にしようと思っています。

お金が無いからと言って、せっかくのリフレシュ休暇を無駄にしたくありません。だから、旅行中に掛かる航空券代とホテル代、そして現地での食費などのお金は借りることにしました。

キャッシングは借金だという事はわかっているのですが、借金をしてでもニューヨークには行ってみる価値はあります。

無人契約機でキャッシングカード作成

僕は、大手消費者金融の無人契約機で借入れの手続きを行いました。

消費者金融のカウンター席で借入れの申し込みをするのは、すごく緊張しそうで嫌だったからです。キャッシングの無人契約機は、自宅の最寄り駅のすぐ近くにブースが設置されていたので、そこを利用しました。

無人契約機は小さな部屋で、ドアを閉めると外からは見えない構造になっています。無人契約機の部屋に入ってから、入り口のドアを閉めると閉塞感があります。

だから、閉所恐怖症を患っている人は消費者金融の店頭カウンターの方が申し込みやすいかもしれません。その様な特殊な事情が無ければ、無人契約機の方が人の目線が無いので利用しやすいでしょう。

僕は、借入れのためのカードが出来上がったら、すぐその場で15万円を借りました。審査の結果、僕の場合は、最高30万円まで借りることができる設定となったのですが、後で返さなければならないことを考慮して最低限必要と考えられる15万円だけを借りることにしました。

まだ、ニューヨーク旅行までには1週間以上あるのですが、借りたお金で航空券や旅行グッズなどを取りえず購入する予定です。人生のうちに長期海外旅行は何度も経験できるわけではないので、今度の旅を存分に楽しんでこようと思っています。

【大手の融資サービス】

王冠1 プロミス 王冠2 アコム 王冠3 モビット

※ランキングの順位は当サイトの申込順に基づきます。