海外留学のためのお金

短期海外留学のための資金

海外

私は、大学の2回生の時にオーストラリアに約3週間、英語を勉強するための短期海外留学をした経験があります。

旅行の期間は約20日間で、旅費は約25万円でした。ホストファミリーの家に泊めてもらって、その期間中は現地の移民者向けプログラムの英会話学校に通います。

私は、駅前留学で有名な某英会話教室に週1回ペース通っているのですが、短期海外留学はその英会話学校が主催しているプログラムです。英会話の中上級者には、現地の生の英語に触れる機会があった方が良いだろうとのことで作られたプログラムです。

この話を初めて聞いた時は、お金が25万円も必要なので、正直自分が利用するのは無理だと思いました。でも、今を逃したら、20日間もホストファミリーにお世話になって海外を体験することはできないと思いました。

そこで、親に社会人になってからお金は返すから出資をしてくれないかと相談をしたところ、15万円は出してあげるから、残りの10万円は自分で何とかしなさいと言われました。

私は、家庭教師のアルバイトをしていたのですが、月3万円ぐらいの報酬なので、10万円はすぐには用意できません。そこで、金融会社でお金を10万円だけ借りることにしました。

ネットでお金を貸してくれる金融会社を探したのですが、多くの会社がありとても迷いました。調べていると、できるだけ早くお金を借りたいなら銀行ではなく消費者金融の方が良いという事がわかりました。

様々な消費者金融会社を比較検討してみると、某大手キャッシング会社は会員になった場合、パソコンやスマホからアクセスできる会員専用WEBサイト「Myナビ」があるので便利そうに感じました。そこで、最終的にその会社のキャッシングでお金を借りることにしました。

某キャッシング会社での借入れ

短期海外留学の申し込み期限まで日にちがあまりなかったので、急ぎでお金を借りる必要がありました。

某大手キャッシング会社の公式WEBサイトをチェックするとスマートフォンから申し込み後に申込み専用のフリーダイヤルに電話をすれば、すぐに審査を行ってくれることがわかりました。だから、その手順に従って借入の申込みをしました。

電話でのやり取りは物腰の優しそうな女性の方だったので、あまり緊張をすることなくやり取りをすることができました。

その後、30分も掛からないで融資のための審査結果を知ることができました。私の場合は、2年間、家庭教師のバイトを継続的にしてきたので、審査結果は融資可能との回答を電話で貰う事ができました。

振込みキャッシングサービスを使う事でキャッシングカードを受け取る前に、自分の銀行口座に借入れ資金を振り込んでもらうことが可能だったため、振込みキャッシングで10万円を借りました。

返済方法は自分で支払いに出向くのは面倒だと思ったので、口座振替を利用することにしました。返済方法を口座振替に指定すると、契約したキャッシング会社に登録した自分の銀行口座から月1回所定の日に自動引き落としで返済手続きが行われます。

これなら、引き落とし日の銀行口座残高さえ気に掛けておけばよいので返済の手間がありません。

【大手の融資サービス】

王冠1 プロミス 王冠2 アコム 王冠3 モビット

※ランキングの順位は当サイトの申込順に基づきます。