お金を信用金庫から借りたい

設備投資のため信用金庫からお金を借入

自分は、長野の地元で自動車整備工場を営んでいます。

社員は3人だけの小さな会社ですが、ありがたいことに仕事は途絶えることが無く忙しい毎日を過ごすことができています。特に冬場はスパイクタイヤが禁止となって、スノータイヤでスリップをして車をぶつけたと言って、板金作業を依頼するお客様が増えました。

お金の借入

その時に板金のための設備を入れたのですが、その設備投資のための資金は地元の長野信用金庫から借入をしました。

長野信用金庫の事業者向けローン商品には様々なタイプが用意されていたのですが、自分はその中で利便性がよさそうな事業者カードローンを契約することにしました。

口座引き落としの定額自動返済が使えるので、返済の煩わしさがないこと、当座貸越なので、定期預金があればそれを担保として、引き落とし口座の残高が不足していても引き落としができることなど使い勝手がよさそうだったからです。

最大融資枠は500万円を貰えることができたのですが、実際にその時に借りたお金は150万円です。溶接機やホットガン、フレーム修正機などの購入費として150万円を借入れしました。

貸付金利は固定金利型で13.8%です。消費者金融会社だとほとんどの会社で貸付金利は18%なので、信用金庫の方が金利はかなり低いです。

金融機関との付き合い方

その時は長野信用金庫とは初めての取引だったため、最大融資枠はあまり貰えなかったのですが、その後、継続的にカードローンで借入れと返済を繰り返したところ、実績ができて信用が高まった様です。

その結果、最大融資枠を従来の倍の1000万円にして貰う事ができました。信用金庫に限った話ではないと思うのですが、金融会社とは信頼関係を作ることが大切だと思います。あと、融資担当者とは顔なじみになると、なお良いです。

信用金庫は地域密着型の金融機関なので、融資担当者と顔なじみになると資金面の相談をしやすくなります。相手も商売なので、無茶を言っても必ず聞き入れてくれるわけではないですけど、丁寧に対応をしてくれるはずです。

メガバンクなどの全国展開している金融会社はテレビCMなどを流しているのでとても目立っています。それに引き替え地域密着型の信用金庫は地味な存在ですが、地域に根差した営業活動を行っているため、地元企業にはありがたい存在です。

【大手の融資サービス】

王冠1 プロミス 王冠2 アコム 王冠3 モビット

※ランキングの順位は当サイトの申込順に基づきます。