主婦の私がお金を借りた

家計の赤字

私は、近所の100円ショップでパートの仕事をしている主婦です。

パートに出始めた理由は、2人の子供がいるのですが2人とも小学生になり、子供が学校に行っている間は自由な時間を作ることができたからです。

パートの仕事は週5日、午前または午後に4時間ほど働いています。職場の同僚とのコミュニケーションも良く取れていたので、仕事はとても楽しいです。

夫は自営業でWEBデザイナーの仕事をしていました。私は夫の詳しい仕事内容はよくわからないのだけど、WEBのデザイン設計とホームページの立ち上げまでをやっていたようです。

夫の仕事は、個人商店の方でもホームページビルダーなどのWEBサイトを簡単に作成できるパソコンソフトを使ってサイト作成をする人が徐々に増えてきたため徐々に減っていきました。それに伴い、夫の稼ぎも少なくなっていきました。

家計の管理は私が任されているのですが、夫は仕事が無くて家計にお金を入れることができなくなっているため、実質、私がパートで稼いだお金だけで生計を立てている状態でした。ですが、家族4人の生活費としては私が得た給料だけではどうしても赤字になってしまいます。

バンクイックのカードローン

ローンカード

生活をするためには、どこからかお金を借りなければなりませんでした。

夫は、収入がほぼ0で無職に近い状態だったので、お金を借りる場合、まだパートで収入を得ている私が借入れ依頼をした方が貸付審査には通りやすそうでした。

消費者金融はすぐにお金を貸してくれそうですが、女性の私としては万一返済が滞った場合、集金係のいかつい男の人が自宅まで押しかけてきそうなので、消費者金融で借りるのは止めました。

日本の銀行でも大手であるメガバンクでお金を借りることができないかをネットで調べてみました。すると、三菱東京UFJ銀行は「バンクイック」というカードローンを、そしてみずほ銀行も同様のサービスを行っていることがわかりました。

結局、日本最大規模の銀行と言う事で「バンクイック」のカードローンを利用することにしました。バンクイックの貸付金利は年率で最高14.6%で、消費者金融の貸付金利より低いです。そのため、バンクイックは利息支払いが少なくて済むのでお金を借りやすいと感じました。

実際に申し込みをしてみると、審査からカードの受け取りまで約4日ほど掛かりました。ちなみに、三菱東京UFJ銀行の各本支店に設置されているテレビ窓口という機械を使えば、申込みの当日にカードローン専用のカードを受け取ることが可能だそうです。

私は、多額の借金をするのは返済が大変だと思ったので、その時に必要な最低限の額である10万円だけをバンクイックで借りました。

その後、バンクイックへの返済の事を考えて、主人にはアルバイトで仕事をして貰いました。WEBサイト作成会社でバイトの募集があったので、主人が申し込んだ所、経験者と言う事ですぐに採用が決まりました。

バンクイックへの返済は、私と旦那の稼ぎから毎月2万円ずつを返しています。返済期間中は家計が苦しいですが、親子ともども健康で元気に過ごせていることが何よりの幸せだと思っています。

【大手の融資サービス】

王冠1 プロミス 王冠2 アコム 王冠3 モビット