自動車購入のためにお金を借りたい

車購入のためにお金を借りる

私は、現在、親と同居している38歳の女性です。

軽自動車

現在の収入は週4日のパート仕事で得られる月12万円と、親の年金です。

仕事場へは、今まで原付スクーターで通っていたのですが、バイクだと車と接触しそうになったりとなんども怖い目に遭ったので、中古の軽自動車を購入することにしました。

中古自動車のディーラーに休日に訪れて、乗りやすそうな車を探した結果、ダイハツのムーブを購入することにしました。

ディーラーのスタッフに諸経費を含めた価格を出してもらったところ、自賠責保険や自動車税、重量税なども含めると中古車価格は約70万円となりました。

自動車購入用の資金として50万円ほどを用意していたのですが、それでは足りないのでお金を借りることにしました。

中古車ディーラーでもローンを扱っており、そこのローンは大手信販会社のものでした。金利は11%程度だったので、その時はそれほど高くないと感じました。だから、ディーラーのローンで不足分の20万円のお金を借りました。

返済期間は毎月1回支払いで計10回払いとしてローンを組みました。毎月の返済額は元本支払い分の2万円とそれに前月の金利分を足した金額です。毎月の支払額は2万円ちょっとなので、所得証明などを提出することなくローンを組むことができました。

中古車選びのポイント

中古車を買う時に私が気を付けた点は、ワンオーナーだったか、走行距離が多くないか、煙草は吸われてないか、そして車を始動させた時のエンジン音です。

この注意点は車探しをする前にネットで調べました。多くの方にとって参考になるクルマの選び方なので、中古車をこれから購入される方は上記の点をチェックすると良いです。

振り返ってみると

私の場合は、車購入のためにすぐにお金を借りたいという欲求が強かったため、他のローン会社との比較はしませんでした。でも、銀行の自動車ローンの金利を車購入後に見てみると、金利が3〜4%台という銀行が多くありました。

金利が11%と3〜4%では支払う金利が大幅に違うのは明白です。私の場合は、緊急で中古車が必要だったわけではなかったので、ローンを組むことができる会社をもっと比較すれば良かったと思っています。

銀行の自動車ローンは審査に時間が掛かるようですが、1、2週間審査に時間が掛かったとしても私の場合は全く問題ありませんでした。

たぶん、パート代の給料の振込みに使っている私のメインバンクなら自動車ローンが組めたと思います。今、金融機関からお金を借りたいと思っている方は、急ぎでお金が必要でなければじっくりと借り入れ金融会社を比較検討するべきです。

そうでないと、私の様に支払利息で損をしてしまいますからね。

【大手の融資サービス】

王冠1 プロミス 王冠2 アコム 王冠3 モビット

※ランキングの順位は当サイトの申込順に基づきます。