お金を借りたい

今すぐお金を借りたいならキャッシング会社がおすすめ

今すぐお金を借りたいという方でも、金融機関からお金を借りる際には、必ず融資前に審査があります。できるだけ早くお金を借りたい方は、この融資の際の審査時間が短い金融会社に借り入れの申込みをする必要があります。

[急ぎでお金を借りたい方のための即日融資可キャッシングの一覧]
  キャッシング 実質年率(%) 詳細

アコム

3.0〜18.0

アコムの詳細

モビット

3.0〜18.0

モビットの詳細

プロミス

4.5〜17.8

プロミスの詳細

お金を借りたい方への説明

お金を借りる際の審査ですが、一般的には銀行よりキャッシング会社の方が審査時間が短いです。

銀行は高額借り入れの大口顧客を対象にしている場合が多いので、必然と審査が厳しくなり、結果として審査時間が長くなります。

一方、キャッシング会社の多くは少額のお金を借りたいという小口顧客を対象としているので、担保不要、保証人不要の場合が多く、審査は銀行ほどは厳しくありません。

審査時間の短いキャッシング会社ならお金を借りたい方は、借入れの申し込みをした当日中にお金を手にすることができます。(即日キャッシングでお金を借りたい場合には、融資手続き処理の関係上、出来れば午前中に借り入れの申込みをするようにしましょう。)

最短でお金を借りるための手順

  1. お金を借りたいなら、まずはキャッシングを申し込む会社のWEBサイトへ行きましょう。
  2. キャッシング会社のWEBサイト内には、お金を借りたい人のためにその場ですぐにわかる簡易借入れ診断がありますので、自分の借り入れ条件でお金を借りれるかのチェックをします。
  3. 簡易借入れ診断の結果がOKなら、WEBサイト内の「インターネット申込み」に行き、お金を借りたい本人の情報(勤め先や年収、自宅情報、希望カード利用限度額など)を入力します。
  4. 本審査が行われます。本審査が完了した後、お金を借りたい方はすぐに本人を確認することができる公式書類(運転免許証あるいは健康保険証)をFAXあるいは、電子メール添付の画像ファイル(JPEG,GIFファイル等)でキャッシング会社に送ります。
  5. キャッシング会社が本人確認書類をチェックし、結果を連絡してきます。結果がOKなら、お金を借りる事ができます。
  6. 急ぎでお金を借りたい場合は銀行振込みによる即日キャッシングを利用します。指定の銀行口座にお金が振り込まれますので、近所のコンビニなどのATMで自分の銀行口座から借入したお金を引き落とします。

※最短でお金を借りたい場合には、その方法はキャッシング会社によって上記でご紹介した手順と異なることがあります。各キャッシング会社の正式な申し込み方法は、お金を借りたいと考えているキャッシング会社のWEBサイト内でご確認ください。

上記でご紹介している借入れ方法は、お金を借りたいと考えている方が、最短でキャッシング会社でお金を借りるための一般的な方法です。

銀行からお金を借りたいという方へ

銀行は一般的に融資審査が厳しいです。

そのため、お金を借りたい方は、銀行に借入を申し込んだ場合にはその審査期間は1週間以上掛かると考えておいた方が良いでしょう。

また、お金を借りたい人が申込み審査時に用意しておく書類はキャッシング会社は免許証などの身分証明書だけでOKな場合が多いのに対して、銀行の場合は、収入を証明するための源泉徴収票や給与明細書も必要とすることが多いです。

また、銀行の自動車ローンや教育ローンなどの目的別ローンに申し込む場合には、借り入れ資金の使い道を証明するための資料提出が別途必要となります。

以上のことから、銀行にお金を借りたい旨の申し込みをした場合は、実際にお金が手に入るのは数週間先と考えておきましょう。「今すぐお金を借りたい」と考えている方は、銀行ではなくキャッシング会社にお金を借りたい旨の申し込みをした方良いです。

国や行政からの支援

総合支援資金(厚生労働省)
失業などで収入が途絶えてしまったことにより日常生活を維持するのが困難となった方のために、次の仕事が見つかるまでの間(最長12か月の間)、お金を借りたい方を対象として貸し付けを行う制度です。

厚生労働省のハローワークと民間ボランティア団体の社会福祉協議会のサポートを受けて、住居確保のための賃貸物件の借り入れ資金(敷金、礼金、当面の家賃)や当面の生活資金を低金利で調達することが可能です。

ただし、お金を借りたい方が総合支援資金を借りるためには様々な条件があります。

主なものはお金を借りたい方が住民税が非課税となるぐらいの低所得であること、そして、ハローワークと社会福祉協議会の支援を受けることで自立した生活が可能となり、借りたお金の返済ができる見込みがあることです。

総合支援資金は職を失った生活困窮者でお金を借りたいという方には、とてもありがたい制度だと思います。

ですが、一般の方がお金を借りたいと言っても総合支援資金を利用する場合は、貸付条件に合わない場合が多いです。そのため、一般の方は総合支援資金制度でお金を借りるのは難しいです。

生活保護制度(厚生労働省)
生活のためのお金を借りたいと言っても生活保護制度を利用するには様々な障壁があります。
具体的には、
  • 預貯金や家屋・土地などの財産を所有していないこと、
  • 働くことができる人は働くこと
  • 年金などの行政からの手当を受けることができる人は、他の手当てを優先して受けること
  • 扶養義務者(援助をしてもらえる親族や身内)がいないこと
  • 現在の収入が最低限度の生活をするのに足りないこと
生活保護の申請を行政に申し出ても、お金を借りたいのに条件に合わないので断られたという話はよく聞きますよね。お金を借りたいと言っても上記のすべての条件に当てはまっているのでなければ、生活保護名目でのお金の受給は難しいです。

国民生活金融公庫(特殊法人)
国民生活金融公庫法という日本の法律に基づいて運営をされている国の金融機関です。

お金を借りたいのに、民間の金融機関からのお金を借りるのは困難という人(法人を含む)を対象としています。お金を借りたい方の貸付資金の使途は小口の教育資金、小規模事業の運営資金などに限定されています。

法人ではない一般の方が利用する場合は、小口の教育資金調達目的に限定されると考えてよいでしょう。国民生活金融公庫からお金を借りたい場合は、そのお金の使途は自由でないため、指定目的以外の方には借り辛いと言えます。

身内や友人・知人からお金を借りる方法

友人

親や兄弟などの身内からお金を借りたいと考える最大のメリットは、大抵の場合、無利息でお金を貸してくれることです。

身内に裕福な人がいて、その方からお金を借りれるなら借り入れを申し込むのも良いでしょう。また、親・兄弟の身内以外に友達や知り合いからお金を借りるという方法もあります。

金融機関からの借り入れと比較すると気軽にお金を借りれるというメリットがありますが、お金が原因で今まで良好だった友達や知り合いとの関係が、ぎくしゃくしてしまったというのはよく聞く話です。

そのため、お金を借りたいと思っても友達や知り合いをあてにするのは、お財布を忘れた時に昼食代を借りる程度の千円ぐらいにとどめておいた方が良いです。

それと、お金を借りたい時に身内や友人・知人をあてにする場合のデメリットは、身内や友人・知人からお金を繰り返し何度も借りると相手から避けられるようになってしまうという事です。

お金を貸す側にしてみれば、なんども借金の申込みをされるとお金を借りたいがために自分と付き合っているような気になってきますよね。だから、お金を借りたいと思っても身の回りの人から何度もお金を借りることはできないと考えておきましょう。

多くの人から何度もお金を借りていたら、あなたの金銭に関する悪評が知人間で広まってしまうでしょう。そうなると、最終的にお金を借りたい時に誰も貸してくれなくなり、友人関係も途絶えてあなたは孤立してしまいます。

身内や知人からはお金を借りやすい反面、お金を借りたいと思っても繰り返し借りることはできないというを理解しておきましょう。

即日で借入れ可能な金融サービス

アコム

借入れ方法(お金を借りたい方向け)
  • 手数料無料でお客様の銀行口座に振込みをする振込キャッシングは土・日・祝日も含めて24時間対応可能(※但し、金融機関によっては実際に振込みが完了するのは翌営業日の午前〜正午となる場合があります)
  • 三菱東京UFJ銀行やセブンイレブン内に設置されているセブン銀行などの提携ATM
  • アコムの店頭窓口、自動契約機(むじんくん)、アコム店舗内のATM
返済方法(お金を返したい方向け)
  • お持ちのパソコンやスマートフォン(スマホ)を使ってのインターネットバンキングから銀行振り込みによるお支払い
  • 日本全国の提携金融機関・コンビニ設置のATMからのご返済
  • アコムの店頭、もしくは店舗内に設定されているATMを使った返済

アコムの詳細


モビット

借入れ方法(お金を借りたい方向け)
  • パソコンやスマホから振込キャッシング(ご自身の銀行口座への振込み)
  • 全国の銀行やコンビニエンスストアに設置されている提携ATMでのキャッシング

※「即日融資」と「振込キャッシング」はお申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合がございます。

返済方法(お金を返したい方向け)
  • 提携ATM
  • モビット指定の銀行口座への振込み
  • 口座振替による自動引き落とし(但し、三菱東京UFJ銀行または三井住友銀行に預金口座のある方のみ)

モビットの詳細


プロミス

借入れ方法(お金を借りたい方向け)
  • パソコンやスマートフォン、携帯電話を使ってインターネット会員専用WEBサイトからログイン後、ご希望の銀行口座にお金を振り込むことができる振込みキャッシング
  • 自宅の固定電話、ガラケーやスマフォなどの携帯電話から電話でのプロミスの振込みキャッシング
  • プロミス店舗内にある店頭窓口(お客様サービスプラザ)
  • 日本全国の市街地に設置されているプロミスATM
  • 「プロミス」マークの付いている日本全国の提携金融機関ATM(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどの有名コンビニチェーン店などに置かれている提携ATMをご利用いただけます。詳しくはプロミス公式サイトでご確認ください。)
返済方法(お金を返したい方向け)
  • パソコンやケータイを使ってインターネットでの銀行振り込み返済(インターネットバンキングの口座が必要となります)
  • 指定の銀行口座から毎月一定日自動で引き落とす口座振替(口フリ)
  • プロミスのお客様サービスプラザ(店頭窓口)での返済申し込み
  • 全国の繁華街に置かれているプロミスATMでのご返済
  • 「プロミス」ステッカーが貼ってある全国の提携ATMでの返済(提携ATMの詳細についてはプロミス公式サイトをご覧ください)
  • ファミリーマート、ローソン、ミニストップのマルチメディア端末設置店でのご返済
  • プロミス指定口座への銀行振り込み

プロミスの詳細


お金を借りたいとお考えの方へ

当サイトをご覧になっている方は、お金を借りたいと思っているはずです。でも、お金を借りたいと希望する前に本当に借入する必要があるのかを良く考えましょう。一般的に連休前にはお金を借りたいと考える方が増えます。その理由は「遊園地や映画でのデート代」や「家族での行楽地へのお出かけ、百貨店での買い物」などのレジャー目的だと推測されます。友達から土・日・祝日にどこかへ一緒に出かけるのを誘われたらどうしても行きたくなりますよね。もし、誘いを断ると次から誘ってもらえなくなるのではという心配もあるでしょう。また、女性の場合はエステサロンに行って、フェイスケアや脱毛などをして女子力を磨こうという方もおられるでしょう。

でも、借金をしてまでお金を借りたいという考えが本当に正しいのかはよく考えた方が良いでしょう。どうしても必要なお金なら借りなければなりませんが、遊興費や趣味のためなら安易にお金を借りたいとは考えない方が身の為です。たぶん、遊興費のお金を借りたいと思考する人は、人一倍見栄を張りたいという意識が強いのかもしれません。テレビによく登場する叶姉妹などの芸能人の影響を受けて、ハイソサエティなセレブ生活に憧れているのでしょう。お金を借りた直後はハッピーを気分になれるかもしれませんが、その後に毎月返済をする極貧の貧乏生活が待っているという事を忘れてはいけません。

また、お金を借りたいと考えている人の中には既に多くの信販会社や消費者金融からお金を借りている方がいると思います。そういった方は、借金を返済するために今お金を借りている金融機関とは別の融資会社でお金を借りたいのだと思います。でも、そういった方はお金を借りたいと思っても通常の金融機関ではお金を借りることはできません。既にブラック(多重債務者)として各金融機関がアクセス可能な個人の借り入れ情報機関にデータが登録されてしまっているからです。金融ブラックの方は、通常の金融機関では既にお金を借りれないので、闇金と呼ばれる高利貸しなどに手を出してしまいがちです。ですが、お金を借りたいと思っても闇金に手を出したら借金が膨らみ人生が破滅するだけです。他からお金を借りることを考えるより債務整理をすることを考え、地元の役場などにある無料相談所などでアドバイスを受けるのが良いです。人間、誰しも贅沢なプール付きの豪邸に住むという王様の様な生活に憧れますが、現実を見据えて質素な生活を心がけましょう。また、お金を掛けることばかりが生活の充実に繋がるわけではありません。公設図書館で無料で書籍を借りて、読書をするというのも心の豊かさにつながります。