キャッシングの借入れと返済方法

お札

キャッシングをより便利に活用するには、借入れと返済方法についても知らなくてはいけません。

いったいどのような方法があるのか、見てみましょう。

借入れ手段について

キャッシングの借入れ手段は、大きく分けて2つあります。

まず一つ目は、振込です。電話や会員専用のサイトから振込融資を申込み、指定する銀行口座へ振り込んでもらいます。申込み自体は24時間で受け付けていても、受け取る側の銀行の営業時間内でなければすぐに現金を得ることはできません。

また、キャッシング専用のカードを利用して、ATMから借入れをする方法もあります。使い方は簡単で、キャッシュカードを利用するようにATMにカードを差し込んで借入れを選択、申込み時に設定した暗証番号を打ち込みます。

融資を受けられる単位はキャッシング会社によって異なり、1,000円から借りられる場合もあれば1万円単位の場合もあります。

返済方法について

キャッシングの返済方法は、約定返済と随時返済があります。

約定返済とは、毎月決まった日付までに一定額以上返済することです。金額と日付を指定して、自動引き落としをすることが多いです。この約定返済をしっかり行わないと、返済遅延という事態になってしまいます。

随時返済は、資金に余裕があるときに約定日以外に追加で返済する方法です。振込やカードを使ったATM返済が主流です。随時返済を積極的に行うことで、返済期間を短縮させて利息を減らすことができます。

また、コンビニに設置しているマルチメディア端末を利用し、レジで返済することが可能なキャッシング会社もあります。

手数料に注意しよう

銀行から振り込む場合は振込み手数料が発生してしまいます。そのため、できればATMを利用して返済した方がお得です。

ATM返済の際に気を付けたいのは、キャッシング会社によって使える提携ATMが異なるということです。コンビニATMにほぼ対応しているところなら便利ですが、提携ATMや自社ATMが少ないと返済するのも不便です。

また、自社ATMの場合は手数料なしで利用できるのが一般的ですが、提携ATMの場合は手数料が発生することもあります。

随時返済は元金を少なくして早く返済するのに便利な方法ですが、提携ATMで毎回200円程度の手数料が掛かるのであれば、金利よりも高くついてしまう可能性があります。

自社ATMの設置場所を調べて自社ATMを利用するのが良い方法ですが、無理であればむやみに随時返済をしない方がお得です。

このように、利息以外にも発生する手数料にも注目して、できるだけムダなお金を使わないのもお得に利用するためのポイントです。

【大手の融資サービス】

王冠1 プロミス 王冠2 アコム 王冠3 モビット

※ランキングの順位は当サイトの申込順に基づきます。