無審査キャッシングと闇金融の対策

お札

キャッシングをするには審査がつきものですが、雑誌の広告の片隅などで無審査キャッシングという言葉を目にすることがあります。

ブラックや多重債務で新規のキャッシングが出来なくて困っている人には救世主のように思えるでしょうが、本当に審査をせずにキャッシングができるのでしょうか?

まともな金融機関は無審査など存在しない

キャッシングの金利や遅延損害金、返済に遅れたときの督促方法など、あらゆることが法律で厳しく制限されています。

きちんと法を遵守する会社であれば信頼できる人に貸したいので、必ず審査を行います。無審査やブラックでも借りられると甘い言葉で誘ってくるような金融機関は、まともなところでは無いと思った方が良いでしょう。

ほとんどの場合法外な金利を設定したり、強引な取り立てをしたりする悪質業者です。ちゃんと登録をしてまともな営業をしている金融機関では、まずあり得ません。

無許可で貸金業を営み法外な利息を搾取するような金融会社を、闇金融と呼びます。

闇金の恐ろしさ

そもそも闇金は営業許可を得ていませんので、法で定められた金利や取り立て方法なんてお構いなしです。

トイチという10日で1割の利息が発生する高金利が有名ですが、トイチだと数ヶ月で元金が2倍以上に膨れ上がってしまいます。このような高金利ではあっという間に返済困難になります。

借りるときに優しかった闇金も1日でも返済が遅れると、鬼のように豹変して厳しい取り立てが待っています。こんな恐ろしい闇金ですが、まともな金融機関では相手にされなくなった人は切羽詰まってしまい、手を出してしまう人も多いようです。

過払い請求について

法で定めた上限金利を遥かに超えた貸付は無効になります。

そのため、過払い金額を算出するための引き直し計算をして、支払い過ぎたお金がある場合にはそのお金を返してもらう手続きをすることができます。この手続きのことを過払い請求と呼びます。

闇金で借りた分も過払い請求の対象になりますが、何しろまともな業者ではないので、手続きにとても苦労します。

通常、弁護士に依頼した時点で請求は一切止まりますが、そんなことを素直に聞いてくれるような業者ではないのです。話し合いもなかなか進まず、これまでの取引履歴も開示してくれないなど手間が掛かることが多いです。

手間が掛かる分、闇金融相手の過払い請求の弁護士手数料は割増されることがあります。弁護士によっては闇金融そのものを扱っていないこともあるので、弁護士に頼む場合は必ず闇金融相手に過払い請求をした実績があるところへ依頼するようにしましょう。

【大手の融資サービス】

王冠1 プロミス 王冠2 アコム 王冠3 モビット