キャッシングの心得(コツ)

お札

キャッシングはお金が無い時にすぐに借りられるので便利だというイメージがありますが、その反面、多重債務や支払い困難などマイナスイメージが付きまわっているのも事実です。

キャッシングで支払い困難にならないためにも、しっかりと注意点を押さえておくことが大切です。

申告内容は絶対に嘘をつかない

審査に通りたいがために、収入や現在の借入額などに嘘をついてしまう人がいます。

しかし、信用情報機関を照会すれば現在の借入状況なんてすぐに分かりますし、年収も収入証明書の提出を要求されたらすぐにばれてしまいます。

嘘がばれてしまったら印象は最悪で、問答無用で審査に落ちてしまいます。他人の身分証明書を利用するなど悪質な嘘の場合は罪に問われてしまいますので、絶対に止めましょう。

返済計画を立てる

「ご利用は計画的に」という聞きなれたフレーズがありますが、まさにその通りです。ただ、計画するのもコツが分からないと意味がありません。

返済計画を立てるときには、月々の返済額や期間を設定します。返済額を多くすればするほど返済期間も短くなり、支払う利息も少なくて済みます。だからといってむやみに多く設定すればいいというものでもありません。

あまりにも返済額が多すぎると現金が足りなくなって、結局追加融資をしてしまう羽目になります。ですから、返済額は少し余裕を持った金額に設定をすることが大事です。返済計画を立てる前にまず自分の月々の収支計画表を作って、どれぐらいの返済額なら家計を圧迫しないかを考えましょう。

本当に必要な額だけ借りる

必要なのは10万円なのに、限度額に余裕があるからと必要もないのに20万円借りてしまう人もいます。このような行為は、借金が雪だるま式に増えていく原因になります。

キャッシングはあくまでもお金を借りる行為で、決して自分のお金を引き出すわけではありません。借りたら必ず返済が待っていることを自覚し、本当に必要な額だけを借りるようにしましょう。

どれだけ借りているか把握する

今自分の借入額がどのくらいあるのか、利息は一体どのくらい掛かっているのかなど、常に把握しておかなくてはいけません。

自分のキャッシング内容を把握していない人は、気が付いたら払えなくなるぐらい借入額を増やしてしまうことも考えられます。

計算が苦手でも、各キャッシング会社のホームページにあるシミュレーション機能を使えば簡単に利息が算出できます。

便利なキャッシングで苦しまないためにも、このサイトで述べたキャッシング利用の際のポイントを抑えて賢く利用するようにしましょう。

【大手の融資サービス】

王冠1 プロミス 王冠2 アコム 王冠3 モビット

※ランキングの順位は当サイトの申込順に基づきます。