カードローンとキャッシングの違い

お札

お金を借りるのはカードローン?それともキャッシングなのでしょうか?どちらもよく耳にする言葉なので、混乱しますよね。

ここではカードローンとキャッシングの分かりづらい違いについて、解説をしています。

元々は支払い方法に違いがあった

実はカードローンもキャッシングも、現在は同じような扱いをされていることがほとんどです。ですが、元々はカードローンとキャッシングには明確な違いがありました。

本来、キャッシングは一括払いをすることを前提に短期で借りる少額融資のことでした。だから限度額は小さく、10万円から50万円ぐらいの融資でした。昔はキャッシングでお金を借りたら、翌月に利息と元金を一括払いするのが一般的でした。

カードローンは条件にもよりますが、かなり限度額が大きいものがあります。そして支払い方法はリボや分割払いで、毎月一定額を支払います。

カードローンが一括払いじゃないのは、ある程度まとまった金額を借りるのが目的だからです。カードローンは大口借入れなので分割で支払っていきます。

上記の様に元々はキャッシングとカードローンは違うものでした。ですが、今現在キャッシングと呼ばれているものはリボ払いに対応しているのが一般的なので、カードローンと実質的には変わりありません。

キャッシングとカードローン、どちらの呼称を使っているかは金融機関により異なります。

カードローンとキャッシングはどっちがお得?

一括払いのみのキャッシングと大口融資で分割のカードローンを比較するなら、大口借入れ時の金利はカードローンの方がお得です。ただし、現在ではキャッシングも、低金利かつリボ払い(分割払い)が一般的となっています。

現在、カードローンとキャッシングの比較はとても難しく、上で述べたようにキャッシングとカードローンの機能的な違いは無くなってきています。

ですから、各金融機関の融資商品の特徴をよく理解し、どれが自分の使い方に合っているかを考える必要があります。

銀行のカードローン

銀行でも使用目的が自由なカードローンに乗り出すことが増えてきました。

消費者金融に比べると金利が低めで、総量規制に掛からない、しかも資金力があるので大口融資も可能というメリットがあります。しかし大口融資が可能な分、審査が厳しくスピードも若干遅いというデメリットがあります。

最近では消費者金融と銀行が提携を結び、お互いの得意な点を出し合った便利なカードローンやキャッシングが増えています。

三菱UFJフィナンシャルグループのアコム、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスなどがその例として挙げられます。どちらも限度額が大きいカードローンなのが強みです。

【大手の融資サービス】

王冠1 プロミス 王冠2 アコム 王冠3 モビット

※ランキングの順位は当サイトの申込順に基づきます。