キャッシングの借入限度額と総量規制

お札

現金が足りなくなったときに便利なキャッシングですが、際限なく借りられるわけではありません。

ここではキャッシングを利用するときに、重要なポイントである借入限度額と総量規制について説明をしています。

借入限度額とは?

キャッシング会社が貸してくれる最大の金額を、借入限度額と呼びます。

借入限度額は審査をした上で、「この人ならこれぐらい貸してもいいだろう」ということでキャッシング会社が設定します。ですから、いくら最大500万円まで融資可能なキャッシングがあったとしても、身の丈にあった金額しか借りることはできません。

また、借入限度額内で何度も返済と借入れを繰り返すことが可能です。もし借入限度額が50万円で上限いっぱいに借りたとしても、返済をして枠に余裕ができればまた借りることができます。50万円の限度額のうち40万借りている状態なら、残り10万円をまたキャッシングできるということです。

借入れ限度額をアップさせることもできる

50万円借りたかったのに、20万円しかOKが出なかったなんてこともよくあります。しかし、借入限度額は一度決定したらずっとそのままということではなく、アップさせることもできるのです。

ただし、それには信頼を積み重ねていかないといけないので、しばらくは期日通りに返済をし続ける必要があります。最低でも3ヶ月は待った方がいいでしょう。それから限度額アップの申込みをし、再度審査を受けて通過すればめでたく限度額の枠が広がります。

総量規制とは?

どんなに信頼を積み重ねても、ある一定額以上は絶対にキャッシングすることはできません。なぜなら、貸金業法で総量規制が敷かれているからです。

総量規制とは、年収の3分の1以下に借入金額を制限する決まりのことです。住宅ローンや教育ローンなどの総量規制の対象とならない例外的な融資もありますが、キャッシングは総量規制の対象となっています。

総量規制は1か所のみの借入ではなく、すべての借入を合計されます。例えば年収300万円であれば、100万円を超える金額をキャッシングすることはできなくなります。すでにA社で60万円のキャッシングを利用しているなら、B社では40万円までしかキャッシング出来ないということです。

総量規制によって新たなキャッシングができないと困っている人もいますが、実はキャッシングでも対象にならないものがあります。

それは、銀行が提供するキャッシングです。銀行は貸金業法では制限を受けないため、銀行キャッシングで総量規制に達するまで借りていたとしても、消費者金融で新たなキャッシングに申込むことができます。

ただし、総量規制は多重債務を防ぐ目的で作られたものです。そのため、総量規制の対象外の借入れをした場合でも、自ら年収の3分の1程度まで借入の最高金額を調整するということはとても大事なことです。

【大手の融資サービス】

王冠1 プロミス 王冠2 アコム 王冠3 モビット

※ランキングの順位は当サイトの申込順に基づきます。