繰り上げ返済の効果とコツ

お札

キャッシングの返済計画のコツは、月々の支払額を多くし過ぎないということになります。

しかし、それでは返済期間を短縮することはできませんよね。そこで重要になってくるのが、繰り上げ返済の活用です。

繰り上げ返済とは?

毎月決められた約定返済以外にも支払いをすることを、繰り上げ返済と呼びます。

繰り上げ返済の目的は、利息を減らすことと返済期間を短縮することにあります。当初の予定より早く支払い終えれば、精神的な負担も軽くなります。

繰り上げ返済には、一部繰り上げと一括繰り上げがあります。一部繰り上げは借入額の一部のみを返済する方法で、一括繰り上げは全額を一括で返済する方法です。

一括繰り上げの方が支払う利息はずっと少なくなります。例えば50万円を年利18%で借りて月々15,000円ずつ支払うと、返済回数は47回となり支払う利息の総額は19万円以上にもなります。それが1ヶ月後の一括だと利息は7,397円で済むのです。

利息だけのことを考えれば一括はお得ですが、まとまったお金を返済することになるので、その分負担は大きくなります。

繰り上げ返済を積極的に行おう

毎月の支払額は余裕を持って低めに設定しておくのが良いでしょう。

 

そして、資金に余裕がある月は積極的に繰り上げ返済を行う様にしましょう。元金が少なくなれば、それだけ利息も減ります。

 

毎月だと減った利息もあまり分かりませんが、積み重ねるとその差はどんどん大きくなります。キャッシングの返済はほとんどがコンビニのATMでできるので、仕事帰りにでも寄って繰り上げ返済を続ければ、返済期間を大幅に短縮することができます。

一括繰り上げ返済の注意点

資金に余裕のあるときには積極的に繰り上げ返済をした方がいいと述べましたが、それにはちょっとした注意点があります。

それは、返済時に掛かる手数料です。実はATMを利用した返済でも、手数料が発生してしまうケースがあるんです。

返済シミュレーションで計算をしてみて、繰り上げ返済で浮いた利息よりもATMの手数料が高くついてしまう場合はしない方がいいです。余裕がある資金は貯めておいて、ある程度まとまった金額になってから繰り上げ返済をした方が良いでしょう。

自社ATMでは手数料が掛からないけど、他社の提携ATMだと手数料が掛かることがあります。返済時の手数料は各キャッシング会社によって異なります。自分が利用しているキャッシング会社ではどのようになっているのか、調べてから繰り上げ返済をするようにしましょう。

【大手の融資サービス】

王冠1 プロミス 王冠2 アコム 王冠3 モビット